NO IMAGE

【開催中止】『毎年恒例!誰もが知っておくべき、確定申告~なんで、この税額になるの??』+ 『いままで報道されていたことって、本当に“正しい”の?」

  • 2020年12月20日
  • 2021年1月17日
  • 18view
NO IMAGE

イベント詳細


こちらのセミナーは緊急事態宣言期間内ということもあり、中止とさせていただきました。

 

『毎年恒例!誰もが知っておくべき、確定申告~なんで、この税額になるの??』+ 『いままで報道されていたことって、本当に“正しい”の?」

 

毎年恒例!誰もが知っておくべき、確定申告~なんで、この税額になるの??』+

『いままで報道されていたことって、本当に“正しい”の?コロナの今、政府が行う経済政策って、本当に大丈夫??』

 

普段は「年末調整」で終わる方が多いため、どうしてこの毎回、この税額になるのか??よくわからない方のために眞﨑さんが、収入から始まって、最終的にこの税額にどうしてなるのか?を懇切丁寧に「解説」して下さいます。

もはや1月の開催が恒例になったこの企画 今年で7回目

あえて、いつもこの企画のときは、第二部は「講師の方のオリジナル企画」

去年は、眞﨑さんが、「ご自分で実際に経営者として」かつ「他人の起業を支援する立場として」の両方の視点を持つ人ならではの、「起業・副業を考えるのなら、事前にこういうことを知っておいたほうがいい」「準備しておくべきこと」でした。

今年は、コロナの影響で去年までといろんなことが違うねと話していて、眞﨑さんに「何が一番変わった?」と伺ったら帰ってきたのは「経済政策について関心を持つようになった」とのことでした。

彼は普段、税理士法人の代表として、すごく多くの会社や個人事業主の方の経営に関与しています(実は私もお世話になっております^^)

彼の言葉で印象に残ったのが、「これ以上、中小企業の人たちに何を頑張れっていうの?自助努力や自己責任というのは政治家の責任放棄だと思う、一番頑張るべきは政治であり、“公助”だと思っている」という言葉。

 

そこから生まれた今回の第二部

経済は素人だけど、経済が経営に及ぼす影響がどんなものなのか?日々、経営者に「一番近いところで見ている」眞﨑さんに、彼いわく「報道されていることが真実とは限らない」「そもそも報道がほとんどされないから誰も知らない」

ことを、コロナにより国の政策が国民個人の生活に大きく影響する今だからこそお話しいただきます。

経済や政治の専門家のお話を聞く機会は皆さんも多いでしょう。それもとても重要なこと。しかし、今回は敢えて経済や政治の専門家でない講師が「自分の日頃の仕事」を通じて持った疑問に、どのように向き合い、どうやって調べて、深く考えるようになったのか、そのステップや情報の入手の仕方、また思考方法に触れていただきたいと思います。
そして皆さん自身が日々感じる小さな疑問をそのままスルーするのではなく、自分で考え、自分自身の答えを見つけていく。そんなきっかけにしていただきたいと思います。

※今回の参加者の方へ「新年のお年玉特典」つけます!

この告知段階ではまだ明らかにはなっていない
『玲和3年度税制改正』の中で、とくに知っておくべき内容の解説

【講師】プロフィール
税理士法人 大田原・眞﨑事務所 代表社員
税理士・社会保険労務士
学校法人相模女子大学 人間社会学部 社会マネジメント学科 講師

眞﨑 正剛氏

写真1

以下、眞﨑先生からのメッセージです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マネーの会ではもはや7回目 この「確定申告」

ほとんどの方は会社勤めで、そもそも、「年末調整」と「確定申告」の違いすらよくわからないし、どういう計算で、この所得税額になるのか?もよくおわかりにならないと思います。給与から何で「源泉徴収」がされているのかもよくわからない方もいるでしょう。

今回は、日本人なら全員が対象になる「確定申告書」の構造からご説明し、最終的に、「所得税」「住民税」がどう算出されるのか?を理解して頂こうと思います。

※なお、この第一部は、これまでご参加いただいた方には特段目新しい部分はないとお思い頂いて結構です。もちろん「忘れたのでもう1度復習したい!」という方のご参加もお待ちしております。

例年違うのは、この「第二部」ですが、今年は

・私が代表を務める法人のお客様の多くがコロナの影響で経営に苦しみ、売上が上がらないのはお客様のせいだとは私は思いません。皆さん、必死に頑張っています。

こういう場合、頑張るべきは政治だと思います。でも、そもそも今の政府がやっている「政策」って本当に正しいんでしょうか?

消費税は昨年10%に上がりました。でも政府は減税しようというそぶりすら見せません。減税したら、将来国の「借金」が返せない、よく報道で〇上彰さんがもっともらしく話していますが、それって、「本当に正しい」んでしょうか?

・私は個人として、どうしてもバブルが崩壊したあと、なぜ日本はこんなに長くデフレが続いているのか?国のやってきたことが「全て」正しいとは思えません。だって、お客様の多くが「働けど働けどなお、わが暮らし楽にならざり」
それも1年や2年じゃありません。もう何十年?いつまでこんな状態が続くのか??

・TVや、大手新聞で報道されていることって、本当に「真実」を報道してるのかしら?「都合の悪いこと=国民に知られたくないこと」はそもそも、報道されないのでは??

ですので、私と同じように「経済の素人」方向けに

・これまで日本で行われてきた政府の経済政策と、その結果、日本はどうなったのか?
・コロナ禍のいま、政府はどういう政策を実行しようとしている(またはこれからする可能性が高い)のか?
・大手マスコミや地上波ではほとんど紹介されない「考え方」

を情報提供としてお話しすることで、皆さんが、来年に実施される衆議院議員選挙まえに「自分の1票をどうすることが、国のために、自分の生活を良くするためにベストなのか??」お役に立てていただければと思います。

【ご注意】

講師は、経済学者でもなんでもありません。「素人の目線」でこれまで大手マスコミや地上波TVで「常識」として語られてきたことに疑問を持ち、「違う見方」を皆様にご提供しようとするだけです。ですから政治や経済にすでにお詳しい方にとっては聞く価値のないお話しです。また、特定の政治家や政党を推奨するようなものでもありません。あくまでもこの「情報提供」をきっかけに、多くの方が「自分事」として、コロナ禍において、政府の動向を見極めた上での「選択」をなされることで、より良い人生をお送りいただければと思うだけの者に過ぎません。

 

(主な内容)

【第一部】
Ⅰ.今さら聞けない、確定申告って何??年末調整とどう違うの?
Ⅱ.会社員や公務員の年末調整とは?源泉徴収とは?
Ⅲ.先にお話しした「確定申告」との違いは?
Ⅳ.源泉徴収票の見方って、どう見るの??
(住民税の計算方法はテキストには書きますが、説明は省略します)

(第二部)
Ⅰ.「真実」と小さく書いた「風船」
中に思いっきり空気を入れて膨らませればどうなりますか?
大手の報道だから「真実」だと思い込んでいませんか??
Ⅱ.よく聞くお話し、我が国の国民1人当たりの借金「900万円」
それって、何が問題なの?わが国は「破綻」しましたか??
Ⅲ.「10%消費税」が日本経済にもたらすもの
コロナなのに減税せよ!との声すら上がらない「不思議の国」日本
Ⅳ.私がたどり着いた「現在の着地点」
~日本を救うか?それともただの「トンデモ」理論か?
知識ゼロの人向け「MMT(現代貨幣理論)」とは??~

    

<詳細情報>
日時:2021年1月30日(土)09:30~11:30(セミナーの時間です)
場所:渋谷区文化総合センター大和田
2F 学習室1
定員:40名
※コロナの状況によって、会場受入人数が変更される可能性が
あります。その場合には先着順で優先させていただきますので
ご了承ください。

東京都渋谷区桜丘町23-21
http://www.shibu-cul.jp/access
会場への行き方
http://money-kai.com/sibuya-oowada/

◆参加費 4,000円(当日お支払いください)
※オンラインサロンメンバーは別料金です。
懇親会参加費 別途2,000円(ランチ会です)
※当日新刊を何冊か準備させていただき、販売予定です。

懇親会が終わりましたら移動して、大体14時ぐらい
までには終了予定です。その後の予定に合わせて
途中で抜けて頂いて問題ありません。

懇親会会場 ベルマーレカフェ
https://caffe.belmare.jp/
先生も参加されますので、フランクにお話し
していただけます!!

<お申込み>
こくちーずでお席確保です。
https://www.kokuchpro.com/event/3923516bb2596e2e5f29e89d979fdadb/

当日、受付にてお支払いください 。

<キャンセルポリシー>
セミナー、前日よりキャンセル料がかかります。
確認の上、お申込みください。
お申込み時に送られた完了メール(こくちーずからも可)
からキャンセル処理はご自身でお願いします。
※ただし前日にキャンセルメール手続きを完了されても
別途キャンセル料はかかりますので、ご了解ください。
当日の無断キャンセルの場合、今後会への参加は
お断りさせていただきます。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!